ブラック企業の定義とは?

まずはじめに、「ブラック企業」という言葉の定義について確認していきましょう。

労働に関するキーワードである以上、トップ組織である厚生労働省で定義づけされているはず……。

しかし残念ながら、「ブラック企業」という言葉は正式に定義されていません!

ここまで浸透し、日本のサラリーマンから深い関心を寄せられている言葉にもかかわらず、明確な基準が定まっていないことになります(これはちょっと問題ですよね……)。

ちなみにウィキペディア上では、以下のように解説されています。

  • 新興産業において若者を大量に採用し、過重労働・違法労働・パワハラによって使いつぶし、次々と離職に追い込む成長大企業
  • 従業員の人権を踏みにじるような全ての行為を認識しつつも適切な対応をせずに放置している企業
  • 元々は暴力団などの反社会的団体との繋がりを持ち、違法行為を繰り返す会社を指していたが、近年では労働基準法や関連法令を無視し、あるいは法の網や不備を悪用して従業員に長時間労働やサービス残業などを強制する企業を主に指す

出典:ウィキペディア「ブラック企業」

やや難しい表現が含まれていますが、

  • 若者を違法な労働環境のなかで使いつぶす
  • 企業が従業員を守ってくれない
  • 長時間労働やサービス残業を強制する

このあたりが「ブラック企業」だと認定されるポイントだといえます。

厚生労働省での位置づけ

厚生労働省ではっきり定義されていない、と述べましたが、まったくノータッチという訳ではありません。

いわゆる「ブラック企業」を指し示すものとして、厚生労働省では『若者の「使い捨て」が疑われる企業等』という言葉が使用されています。

また、この言葉が該当する企業の特徴をまとめた説明が以下の通りです。

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として、

  1. 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
  2. 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い
  3. このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

などと言われています。

出典:厚生労働省|確かめよう労働条件|「ブラック企業」ってどんな会社なの?

先ほど挙げたブラック企業の認定ポイントとほぼ同じく、

  • 長時間労働やノルマなど、違法な労働環境
  • パワハラやサービス残業が横行する企業体質
  • 労働者を「使い捨て」するような考え方、採用基準

これらのポイントを厚生労働省も問題視していることが分かります。ただ、「ブラック企業」という定義付けはしていません。

企業そのものを「ブラック」「悪」と定めるのではなく、あくまで労働環境が“違法”かどうかに着目しているわけです。

厚生労働省の調査内容は8割が法令違反?!

厚生労働省は平成25年12月に、『若者の「使い捨て」が疑われる企業等』を対象とした調査報告書を公表しています。

この調査は重点監督の実施事業場、つまりは何らかの問題があると考えられていた事業所のみですが……。

約8割の事業場に法令違反が指摘される、という驚きの結果が出ています。以下、報告書から引用した調査結果の詳細です。

(1)重点監督の実施事業場:5,111事業場

(2)違反状況:4,189事業場(全体の82.0%)
・違法な時間外労働があったもの:43.8%
・賃金不払残業があったもの:23.9%
・過重労働による健康障害防止措置が実施されていなかったもの:1.4%

(3) 健康障害防止に係る指導状況
・過重労働による健康障害防止措置が不十分なもの:21.9%
・労働時間の把握方法が不適正なもの:23.6%

(4) 重点監督において把握した実態
・重点監督時に把握した、1か月の時間外・休日労働時間が最長の者の実績
80時間超:24.1%
うち100時間超:14.3%

引用元:厚生労働省|若者の「使い捨て」が疑われる企業等への重点監督の実施状況

法令違反が指摘された企業の割合にももちろん驚きますよね。

中でも、1ヶ月間の時間外・休日労働時間が100時間超の企業が約15%も!80時間超の企業にいたっては、実に4社に1社が当てはまるという結果が出ています……。

ここで確認したいのが、「過労死ライン」について。厚生労働省が定めている、いわゆる「過労死ライン」が以下の通りです。

発症前1か月間におおむね100時間又は発症前2か月間ないし6か月間にわたって、1か月当たりおおむね80時間を超える時間外労働が認められる場合は、業務と発症との関連性が強いと評価できる

出典:厚生労働省|脳・心臓疾患の労災認定|「過労死」と労災保険リーフレット

長時間労働がどのくらいの期間にわたって続いていたかにもよりますが、月に80~100時間もの時間外労働には過労死のリスクが認定されています。

つまり、命の危険を侵してまで働かされている人がこんなにいるということ!

「ブラック企業」は耳なじみのいい流行語などではなく、真摯に向き合わなければならない社会問題である、ということがわかりますね。