防衛機制

防衛機制とは、ストレスや不安を引き起こす状況に対処するため、あるいは不快な感情や体験から身を守るために個人が用いる心理的な戦略のことです。これらのメカニズムは、意識的または無意識的であり、思考、行動、感情など、さまざまな形で現れる可能性があります。

一般的な防衛機制には、以下のようなものがあります。

否定。否定: 不快な現実や真実を認めない、受け入れない。

抑圧。望まない考えや感情を無意識に押し込める。

投影。自分の受け入れられない思考、感情、行動を、他の誰かに帰すること。

合理化。許容できない行動や感情に対して、論理的な説明や正当化をすること。

変位。変位:受け入れがたい感情や衝動を、より脅威の少ないターゲットに向け直すこと。

昇華。昇華:受け入れがたい衝動や欲求を、社会的に受け入れられる行動や言動に変える。

退行。ストレスや不安に対処するために、子供のような行動や未熟な行動に戻ること。

防衛機制は短期的には有用ですが、過度に使用したり依存したりすると、健全な感情および心理的機能を阻害する可能性があります。時間が経つにつれて、防衛機制は不適応になり、より生産的な方法で問題に対処することを妨げるかもしれません。セラピーは、問題のある防衛機制を特定し、対処し、より健康的な対処戦略を開発するのに役立ちます。

Copyright(C) 2012 心理学オタク All Rights Reserved.